建設業許可を取得するメリットはたくさんありますが、大きく4つのメリットが考えられます。

メリット① 500万円以上の工事を請け負うことができるようになります!

急に大きな規模の工事を依頼されることもあるかもしれませんよね。
そのビジネスチャンスに、建設業許可がなくて受注することができなかったとか、
せっかくのチャンスを逃すだけでなく、信用も失いかねません。

突然のチャンスにも対応できるよう、事前に建設業許可を取得して準備しておくことは、
業務の幅が広がり、また、大きな金額の工事を受注する可能性も大きくなります。

 

メリット② 取引先からの信用力が上がります!

最近は、元請業者が下請業者を選定する基準に、建設業許可の有無が大きく左右されるようになってきています。
これまでの付き合いだけでは、法令遵守が非常に厳しくなってきている中、取引が難しくなってきます。
建設業許可は、、一定の基準を満たしているという証明となり、信用力がアップします。

 

メリット③ 金融機関からの融資が受けやすくなります!

建設業を営んでいる方が、政府系の金融機関や銀行から融資を受ける場合には、
建設業許可を取得していることが条件の1つになっています。

 

メリット④ 公共工事への参入が可能になります!

公共工事の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。
この経営事項審査を受けるには、建設業許可を取得していることが必要となります。

すなわち、建設業許可を取得することで公共工事の入札への参加が可能になります。

 

建設業許可を取得するメリットは、金額の大きな工事を請け負うことができるように
なることですが、やはり最大のメリットは信用力を得ることですね。

お問い合わせ(メール24時間)
TEL 06-7165-6318 (平日10:00~17:00)