建設業許可を取得するには、いくつかの要件が必要ですが
特に次の2つの人的要件があります。

 

①建設業の経営面において、一定期間以上経験がある方がいる
②許可業種の工事について、一定期間以上の経験がある方又は資格を持った方がいる

 

これらの要件を勤めていた会社に証明してもらわなければなりません。
②については資格によって要件を満たせても①の経営業務の管理責任者の要件が
満たせなくて、すぐに許可申請ができないケースがほとんどです。

 

経営業務の管理責任者となるには、以前お勤めの会社で5年又は7年以上、取締役であったことがベストですが、支店長や営業所長等で営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、経営業務管理について総合的に管理した経験がある場合は、経営業務の管理責任者になれる可能性が高くなります。

 

また、個人事業主の父親と一緒に事業を行っていた息子さん(個人事業主に次ぐ職制上の地位にある方)が、経営業務全般に従事した経験があり、その経験が7年以上ある場合は許可を受けようとする建設業に関する経営業務の管理責任者になることができます。

 

これらのことを証明するのは以前お勤めした会社の経営者です。
その会社の協力がどうしてても必要になりますから、
許可申請時に協力してもらえるような円満退社を心がけておくことも大切ですね。