建設業許可は個人でも法人でも取得することはできます。

しかし、建設業許可の申請をする前に個人事業を法人にしておいた方が良いです。
なぜなら、個人事業は経営という点からみて、法人に比べて不利になる場合が多いからです。

また、近年では会社を作ることは簡単ですし、昔は資本金1,000万円以上なければ株式会社は作れませんでしたが、今では資本金1円からでも会社を作る事ができます。

 

建設業許可の要件の中に「500万円以上の資金を調達できること」というものがありますので、
これは法人でも個人でも必要ですから、資本金500万円で会社を作って建設業許可申請をするほうが良いでしょう。

 

もう一つの法人で許可申請をしたほうが良い理由は、
建設業許可取得後、個人事業であれば自分一人の為の建設業許可となり、次世代に自分の許可を引き継ぐことはできません。
ただし、会社であれば次世代にも自分の会社と建設業許可を残すことができるからです。

 

個人事業主の時に取得した建設業許可は、その後法人にしても、引き継ぐことはできません。
再度建設業許可を取得し直す必要があります。

 

以上の理由から、建設業許可の申請をする前に、個人事業なら会社にしてから許可申請をすることを検討すべきだと考えます。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

会社設立(法人成り)のご相談もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ TEL 06-7165-6318
(受付時間 10:00~17:00)